BANNER

グループSEPULVEDANA

グループSepulvedanaは、旅客輸送会社集団で構成されており、国内外で大きな展開を見せ、全体で350台のバスを保有し、従業員の数は600人以上に及びます。

こうして一致協力するとともに相乗効果が生まれ、優れた業務遂行と、お客様への最高品質のサービス提供が可能となっています。

グループ Sepulvedanaでは、会社の最大の価値としてお客様への対応に焦点を合わせることを目指し、持続可能な発展と、お客様に信頼、ご愛顧いただける最高のサービス展開に向けて、団結した努力を促進しています。

グループ Sepulvedanaの構成企業は次の通りです。:

  • La Sepulvedana:

    1905年創業で本社はマドリード。主要業務は、陸路運輸の都市間サービス業で、1989年よりマドリード-セゴビア間の営業許可(VAC-115)を受けており、現在では日に36便以上の往復便と、マドリードのコンプルテンセ大学、自治大学、バジェカス工科大学、ヨーロッパ大学へ直行便を運行し、1日あたり4,500人以上のお客様にサービスをご提供しています。

  • Autotransportes López:
  • 60年代創業の会社で、最近グループの傘下に入りました。主要業務は定期的な旅客運輸で、本社はコルドバのバスステーションにあります。現在、バダホス-コルドバ間(拡大路線を含む)の営業許可VAC-126、アルガジョン-ポソブランコ間(拡大路線を含む)のVAC-184、ベラルカサル-コルドバ間(拡大路線を含む)のVJA-169を受けています。その他、貸切バスの運行本数も多く、地域の重要企業職員の運輸も実施しています。
  • Unionbus Transporte de Viajeros:

    90年代末に創業の会社で、本社はマドリード。主要業務は定期的な旅客運輸で、イルン-アルヘシラス間(拡大路線を含む)の営業許可VAC-138を受けており、バスク地方とブルゴスをアンダルシアの大部分(アンドゥハル、コルドバ、セビージャ、カディス、マラガ…)と結んでいます。

  • Unionbus Maroc:

    2005年創業で、主要業務は都市・都市間・従業員運輸です。モロッコのBeni Mellal、Asilah、Chefchaouen、 Oujda、Larache各県で業務展開しており、全体の保有車両数は80台以上、従業員は100人以上に及びます。